便秘解消のQ&A

便秘解消、便秘予防の様々な情報をお届けします。特に便秘で悩む方の為に、便秘に対する疑問を紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

カスピ海ヨーグルトで便秘を解消

ヨーグルトには整腸作用があり便秘を解消してくれるのは多くの方がご存知です。
そんなヨーグルトですが、フジッコのカスピ海ヨーグルトは独自の乳酸菌により整腸作用だけでなく、生活習慣病の予防や免疫力の向上に効果があるようです。
このページでは、カスピ海ヨーグルトの効果について紹介しています。

フジッコのカスピ海ヨーグルトは、その他のヨーグルトにはない独自の乳酸菌が入っています。

その乳酸菌は、クレモリス菌FC株と言う乳酸菌で、強い粘りと(粘性多糖体/粘り成分EPS)と、酸味の少ないまろやかな味わいが特長です。
乳酸菌クレモリス菌FC株の強い粘りは、乳酸菌を生きたまま腸まで届けてくれるので、腸内の善玉菌を増やすことが出来て整腸作用に非常に効果的です。

また、フジッコによるとカスピ海ヨーグルトには、血清脂質の改善や、食後の血糖値上昇抑制の効果が高いので、高血圧や糖尿病などの生活習慣病を予防してメタボ対策にも役立つことが期待できるようです。

その他にも、乳酸菌による整腸作用の効果で、腸内の善玉菌が増えて肌に悪影響のある物質も便と一緒に排出されるので美肌効果にも繋がっていきます。


そんな人気の高いカスピ海ヨーグルトに新しく「カスピ海ヨーグルトブルーベリー」と「カスピ海ヨーグルトマンゴー」のフルーツ味が、9月2日から登場するようです。

このフルーツ入りカスピ海ヨーグルトにも当然クレモリス菌FC株の乳酸菌が入っており、強い粘りとフルーツが絡み合って濃厚でコクのあるリッチなフルーツヨーグルトとなっているようです。


手軽に食べることの出来るヨーグルトで、便秘だけでなく、美肌効果やメタボ改善に役立つ乳酸菌を摂ることが出来るのは、非常にうれしい情報です。
また、プレーン、ブルーベリー、マンゴーと3種類の味を楽しむことが出来るようになったので飽きる事
無く食べる事が出来るのも魅力的ですね。

にほんブログ村 健康ブログ 便秘へ
にほんブログ村

便秘と肌荒れ

便秘になると肌荒れが気になると言う女性も多いのではないでしょうか。
便秘には、お腹の張りや腹痛などを起こしたり、不快な気分を起こしてしまう気分不良などが有名ですが肌荒れも便秘のトラブルの一つです。
このページでは、便秘による肌荒れについて紹介しています。

便秘が長く続いてしまったり、慢性的に便秘になってしまうと肌荒れや吹き出物と言った美容的トラブルを引き起こしてしまいます。

便秘による肌荒れは、普通は排出されるべき不要物や毒素が腸内に溜まってしまう事で、その毒素を再び体内が吸収してしまうことにより起こってしまいます。

さらに、慢性的な便秘だからと便秘状態を放置しておくと、簡単に便秘を解消することが難しくなってしまい、余計に肌荒れや吹き出物の症状がひどくなってしまうので、便秘は出来るだけ早めに解消することが望ましい体の症状と言うことが出来ます。

さらに、この不快な症状や肌荒れのトラブルを引き起こしてしまう便秘は、男性より女性のほうがなりやすいのです。
その理由の1つとして、女性には生理があり、この生理によって起こってしまうホルモンバランスの変化が大きく関係しています。

その他にもダイエット行っている人にも便秘が多いようです。
食べないダイエットや、水分類を出来るだけ取らないダイエットをされている方は、スムーズな排便が起こらない体になりやすいようです。
腸の働きは、適度な量の排便物がないと上手く働きませんし、水分量が少ないと便が硬くなりやすく排便がスムーズにいかないで便秘になりやすくなります。

せっかく、ダイエットをしてキレイなスタイルを手に入れようとしているのに、ダイエットが原因で便秘になり、肌荒れを起こしてしまっては、逆効果になってしまいます。

キレイな肌をキープするためにも、無理なダイエットは避けて、便秘を解消することがダイエットを成功させる秘訣でもあるんですね。

便秘と生理

女性の生理には便秘を併発してしまう働きがあることをご存知でしたでしょうか。
生理の上に便秘にもなってしまうのは非常に憂鬱ですよね。
このページでは、便秘と生理について紹介しています。

女性の方は男性より便秘になりやすいとよく言われているのはなぜでしょうか?
それは、毎月ある生理にも関係があるようです。

女性特有の生理は女性ホルモンの分泌によって支配されています。
その黄体ホルモンと呼ばれているホルモンバランスが変化することによって整腸作用に関係して便秘が引き起こされます。

この黄体ホルモンは排卵後に卵巣から分泌されるホルモンで、子宮の内膜を厚くしたり妊娠がしやすい状態にするホルモンです。
その他にも、黄体ホルモンには子宮が収縮することを抑える働きもあるようです。


この子宮の収縮を抑える働きが、便秘になってしまう原因でもあります。
子宮収縮を抑えるということは、子宮だけでなく大腸の蠕動運動にも影響を与えてしまいます。
腸の働きが抑制されると言うことは、当然便秘を引き起こしやすい状態にもなると言うことです。

また、生理前の特徴として、女性は体に水分を溜め込むようになり、むくみが出やすくなります。
当然、体に水分を蓄えむくみが出るのですから、腸にもむくみがでています。
この腸のむくみも腸の働きを鈍くさせることになり、女性に便秘が多くなり、生理になると便秘になると言う女性も出てくる理由になります。


しかし、黄体ホルモンの分泌で引き起こされる便秘は、生理周期の移り変わりにより、ホルモン分泌も変化していきますので、生理の終わりと共に便秘も改善されていきます。

ですが、元々、生活習慣の乱れなどでホルモンのバランスが乱れていると生理周期とは関係なく便秘の状態が継続してしまうことになるので、規則正しい生活やストレスの解消など、ホルモンのバランスを正常に保つことを心がけておくほうがいいでしょう。

にほんブログ村 健康ブログ 便秘へ
にほんブログ村

便秘とアレルギー

ある日突然、花粉症や喘息などのアレルギーが出てしまった方は、もしかしたら便秘が原因でアレルギーを発症してしまったかも知れません。

便秘が長い間続いてしまうと、体に色々な悪影響が出てくる事は、良く知られています。
その中でもアレルギー体質になってしまうこともあるようです。
便秘とアレルギー?と思われるかもしれませんが、実はとても深い関係があるといわれています。
このページでは、便秘とアレルギーについて紹介しています。

便秘とアレルギーの関係は、便秘になるとアレルギー物資の排出が上手くいかないで、体の中に便と一緒に残ってしまうからです。
また、お腹の中にいる善玉菌が減少してしまい、逆に悪玉菌が増殖してしまう原因にもなってしまいます。
アレルギー体質とは、花粉症だったり、アトピーや喘息など症状が出てしまうと非常に辛いものです。

つまり、排便が一定のリズムで正常に行われていれば、アレルギーの原因となる物質は体外に排出されますが、便秘になると体内に溜め込んでしまうのです。

また、腸内に長い間便が溜まってしまうと、腸内の細菌バランスが崩れてしまい腸内環境に乱れが生じてしまいます。

この腸内環境に乱れが生じてしまう事は、体にとっては非常に良くない影響が出てきます。

腸内環境の乱れによって、有害な物質が多く作られるようになり、腸内で作られた有害物質は腸壁からどんどん吸収されてしまいます。
吸収された有害物質は、血管内に取り込まれて血液と混ざり合い全身へと運ばれていきます。

全身に有害物質が回ってしまうことで、自律神経が狂い始め、結果アレルギーの症状が出てきてしまいます。
この腸内環境が乱れることによって起こるアレルギーは、便秘を解消して、腸内環境を正常に戻すことで、症状が改善されていきます。

例えば、花粉症などのアレルギーにヨーグルトを食べるとよいというのは、腸内環境の乱れを治すことが症状の改善に効果が期待できると考えられるからです。

この様に便秘を軽く見ていると非常に厄介な症状を起こすこともあるので出来るだけ早く便秘を改善していくようにしたいですね。

にほんブログ村 健康ブログ 便秘へ
にほんブログ村

妊娠と便秘

女性特有の便秘の原因には、妊娠中の女性も便秘になりやすいとされています。
妊娠中の女性は、女性ホルモンの働きにより排便しにくくなり便秘になりやすいようです。
このページでは、妊娠と便秘について消化しています。

妊娠中の女性には、便秘で困っている人や経験をした人はとても多いようです。

特に、便秘は男性より女性のほうがなりやすいと言われています。
その原因は、女性ホルモンにあるようです。

女性ホルモンには腸の働きを抑えて、排便が起こりにくくする働きがあるからです。
さらに、妊娠するとその女性ホルモンの分泌量が増え、活発になります。
また、妊娠を継続していく上で重要な働きがある黄体ホルモンの分泌が増えていきます。

この黄体ホルモンは、腸内の禅僧運動を抑える働きがあるので、便秘の原因になってしまいます。

また、妊娠の中期から後期にかけては、お腹がどんどん大きくなっていくので、腸が圧迫されてしまい腸の働きがスムーズに行われなくなります。このことも便秘の原因の一つとされています。


これらの便秘の症状は、ホルモンの分泌状況や大きくなったお腹によって引き起こされてる妊婦特有の便秘なので、仕方の無いことです。
なので、妊娠していないときよりも、野菜や海藻類、きのこ類などの食物繊維を意識して摂るようにしていく事で、便秘の予防・解消に気を付けていくよにしましょう。


それ以外の便秘の原因として、妊娠すると運動不足になりやすいということもあります。
運動不足になると腹筋が弱くなったり、腸の働きが鈍くなったりすることで排便が起こりにくくなります。
便秘にならないためには、妊娠の経過が順調であれば必要以上に慎重になりすぎず、ウォーキングなどの軽い運動を継続していくのもいいかもしれませんね。

にほんブログ村 健康ブログ 便秘へ
にほんブログ村
スポンサード リンク
最新コメント
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。