便秘に効く薬 便秘解消のQ&A

便秘解消、便秘予防の様々な情報をお届けします。特に便秘で悩む方の為に、便秘に対する疑問を紹介しています。

ホーム > スポンサー広告 > 便秘に効く薬ホーム > 便秘に効く行為 > 便秘に効く薬

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

便秘に効く薬

便秘に悩まされている人は非常に多いと思います。

食物繊維の多い食事を多く摂ってみたり、常に水分補給を心がけたり、適度な運動を続けてみたりと便秘症改善の努力を続け、自然に便意を催し排便をしたいと誰でも思われているのではないでしょうか?。

ですが、それでもなかなか便秘を改善することが出来ないという方は、お薬を使ってみるのはどうでしょうか?これも便秘を解消する一つの方法ともいえます。

便秘薬と言っても色々な種類があり、便秘の種類に合った薬があります。下記に少しまとめてみました。

・湿潤性下剤・・・

腸内で硬くなってしまった便に水分を浸透させ柔らかくさせて排便を促がす薬。
習慣性や副作用などは少ないですが、便秘を改善する作用は低くなります。

・刺激性下剤・・・

腸内の壁を薬で刺激して、腸の運動を活発化させる事により便秘を解消する薬。
腸の運動が低下して起こる便秘に効果的で、プルセニドやアローゼン、ラキソベロンなどの薬があります。
習慣性があり、作用が強いので便秘解消には効果的です。
 
・膨潤性下剤・・・

消化器官で水分を多く含む作用があり、腸の中の内容物のかさを増して、腸に刺激を与える働きがあります。腸を刺激することで便意を催す事が出来ます。
また、習慣背も少ないので慢性的な便秘症の方が長期間服用するのに向いている薬。

・塩類下剤・・・・

塩が持つ浸透力の力を利用して、腸内の内容物に水分を多く溜めることで、便のかさをまして排便を促がす薬です。酸化マグネシウムや炭酸マグネシウムなどがあります。
この薬も習慣性がないため、長期間使用することができる便秘薬です。


便秘の種類により薬を使い分けていくことが重要になります。習慣性の強い薬は腸内の働き事態を低下してしまう恐れもありますので、飲み続けることは逆に便秘になりやすい体質になってしまうかもしれませんね。

にほんブログ村 健康ブログ 便秘へ
にほんブログ村
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
スポンサード リンク
最新コメント
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。