腸内細菌と免疫の関係 便秘解消のQ&A

便秘解消、便秘予防の様々な情報をお届けします。特に便秘で悩む方の為に、便秘に対する疑問を紹介しています。

ホーム > スポンサー広告 > 腸内細菌と免疫の関係ホーム > 便秘の原因 > 腸内細菌と免疫の関係

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

腸内細菌と免疫の関係

腸内細菌は、人の身体にどの様な影響を与えているのでしょうか。

便秘などのお腹の調子を崩してしまったり、病気になったり、口臭が酷くなったりと色々な悪影響が出てくるのは、体の免疫力が低下している事にも関係があるようです。

では、腸内細菌を上手くコントロール出来れば、体のトラブルは改善され免疫力も向上していくのではないでしょうか。
このページでは、腸内細菌のトラブルについて紹介しています。


腸内細菌は、人間の免疫能力に大きな影響力を持っている事をご存知でしょうか?

ですが、腸内細菌には大きく分けて善玉菌と悪玉菌に分類されます。
当然名前を見ても分かるように善玉菌は身体によい影響を与え、悪玉菌が悪影響を及ぼしています。

では、腸内細菌の善玉菌と悪玉菌が身体に及ぼす影響を見てみることにしましょう。

○善玉菌

善玉菌は人の身体の免疫力を高める働きがあり、免疫力が向上すると身体は良好な健康状態をた盛ることができます。

○悪玉菌

悪玉菌は人の身体の免疫力を低下させる働きがあり、腸内細菌内で悪玉菌の割合が増加すると、免疫力が低下して健康状態を保てずに病気になったり、肌が荒れたり、口臭や体臭がきつくなる事があります。

上記の理由からも腸内細菌内の善玉菌の量を増やすようにすれば、身体の免疫力が向上して、健康状態を良好に保つことができるのです。

では、どの様にしたら善玉菌を増やすことが出来るのでしょうか。

善玉菌と悪玉菌は、同じ腸内細菌ではありますが、それぞれ増殖する為の栄養源が違っていますので、善玉菌が増殖しやすい食材を食べることで善玉菌が腸内で作用しやすくなってくるのです。


善玉菌は、食物繊維などに含まれているオリゴ糖・乳糖などの糖質を栄養源にして増えていくので、これらを含む食材を意識して食事をすれば健康状態を保つことができるでしょう。

もし、腸内細菌の善玉菌の数が少ないと、栄養があり身体によい食材を食べても、腸内で善玉菌が強く働くことができないので吸収しきれずに、体外へ放出してしまうことになってしまいます。

そうならない為にも、腸内細菌の中でも善玉菌を増やしておくことで、体内に入った栄養が効率よく吸収されていき免疫力アップの効果が出てくるのです。

腸内環境を整える食生活を目指しましょう。
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2011/12/09 17:16 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2013/02/10 06:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
スポンサード リンク
最新コメント
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。