腸内細菌の働き 便秘解消のQ&A

便秘解消、便秘予防の様々な情報をお届けします。特に便秘で悩む方の為に、便秘に対する疑問を紹介しています。

ホーム > スポンサー広告 > 腸内細菌の働きホーム > 腸内細菌 > 腸内細菌の働き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

腸内細菌の働き

腸内には様々な種類の細菌が存在していることをご存知でしょうか。
腸内細菌は身体にどの様に働きかけ、どの様な影響を与えてくれるのでしょうか。
このページでは、腸内細菌の働きについて紹介しています。


腸内細菌には体内に良い働きをしてくれる善玉菌と身体に悪い影響を及ぼす悪玉菌、更には身体の体調によってどちらにも変化していく日和見菌に分類することが出来ます。


・腸内細菌の善玉菌

腸内細菌の善玉菌で代表的なものと言えば、やはり乳酸菌やビフィズス菌などのヨーグルトなどに入っている菌ではないでしょうか。
善玉菌は、身体の調子や腸内の働きを整えてくれたり、コレステロールの上昇を抑えたり、血圧を下げたりしてくれる働きがあります。
また、ビタミンB郡やビタミンKを作ったり腸内にいる悪い細菌や病原菌を排除したり、消化機能を補助や免疫力の向上してくれる非常に重要な働きをしてくれる細菌です。

善玉菌を増やすことは、体内から健康な体を作ることが出来る方法なのです。


・腸内細菌の悪玉菌


腸内細菌には身体に良い影響を与えてくれる善玉菌の他にも、身体に悪影響を及ぼしてしまう悪玉菌も存在しています。
悪玉菌の代表的な腸内細菌は、大腸菌・ウェルシュ菌などがあります。
これらの細菌は健康を害してしまう働きが確認されています。

例えるなら、腸内にとって有害な成分や物質を発生させたり、病気を引き起こす原因になったり、腸内で、まだ消化中の食べ物を腐らせたり、メタンガスなどの物質を発生させオナラを臭くしてしまう働きがあります。

さらに、ウェルシュ菌が活発に働くと体内に入ってきた肉などの動物性脂肪を有害な物質に変化させてしまいます。
動物性脂肪が有害な物質に変化してしまうと、腸の粘膜に悪い影響を及ぼすことが分かっており、さらに悪化すると大腸がんへと進行してしまうこともあります。

腸内細菌の善玉菌や悪玉菌の比率はストレスや食生活、老化や薬の服用など様々なことでバランスが崩れてしまうことが分かっています。

出来るだけ腸内の善玉菌を増やすようにして健康な身体を維持していきたいですね。


腸内洗浄についてはこちらから
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
スポンサード リンク
最新コメント
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。