妊娠と便秘 便秘解消のQ&A

便秘解消、便秘予防の様々な情報をお届けします。特に便秘で悩む方の為に、便秘に対する疑問を紹介しています。

ホーム > スポンサー広告 > 妊娠と便秘ホーム > 便秘の原因 > 妊娠と便秘

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

妊娠と便秘

女性特有の便秘の原因には、妊娠中の女性も便秘になりやすいとされています。
妊娠中の女性は、女性ホルモンの働きにより排便しにくくなり便秘になりやすいようです。
このページでは、妊娠と便秘について消化しています。

妊娠中の女性には、便秘で困っている人や経験をした人はとても多いようです。

特に、便秘は男性より女性のほうがなりやすいと言われています。
その原因は、女性ホルモンにあるようです。

女性ホルモンには腸の働きを抑えて、排便が起こりにくくする働きがあるからです。
さらに、妊娠するとその女性ホルモンの分泌量が増え、活発になります。
また、妊娠を継続していく上で重要な働きがある黄体ホルモンの分泌が増えていきます。

この黄体ホルモンは、腸内の禅僧運動を抑える働きがあるので、便秘の原因になってしまいます。

また、妊娠の中期から後期にかけては、お腹がどんどん大きくなっていくので、腸が圧迫されてしまい腸の働きがスムーズに行われなくなります。このことも便秘の原因の一つとされています。


これらの便秘の症状は、ホルモンの分泌状況や大きくなったお腹によって引き起こされてる妊婦特有の便秘なので、仕方の無いことです。
なので、妊娠していないときよりも、野菜や海藻類、きのこ類などの食物繊維を意識して摂るようにしていく事で、便秘の予防・解消に気を付けていくよにしましょう。


それ以外の便秘の原因として、妊娠すると運動不足になりやすいということもあります。
運動不足になると腹筋が弱くなったり、腸の働きが鈍くなったりすることで排便が起こりにくくなります。
便秘にならないためには、妊娠の経過が順調であれば必要以上に慎重になりすぎず、ウォーキングなどの軽い運動を継続していくのもいいかもしれませんね。

にほんブログ村 健康ブログ 便秘へ
にほんブログ村
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
スポンサード リンク
最新コメント
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。