器質性便秘 便秘解消のQ&A

便秘解消、便秘予防の様々な情報をお届けします。特に便秘で悩む方の為に、便秘に対する疑問を紹介しています。

ホーム > スポンサー広告 > 器質性便秘ホーム > 便秘の種類 > 器質性便秘

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

器質性便秘

便秘には、大きく分けて2つの種類に分類することができることを皆さんご存知でしょうか?
便秘とは原因は様々でも種類は同じと思っていたのが現状です。
では、便秘の種類にはどの様なものがあるのでしょうか。
このページは、便秘の種類である器質性便秘について調べてあります。


便秘の種類には、機能性便秘と器質性便秘の2つの種類があります。

機能性便秘は、生活習慣の見直しや、適度な運動、ストレス解消、生活環境への慣れなどで改善していくことが出来る便秘のことを指します。

ですが、もう一つの便秘である器質性便秘の場合は、生活習慣の見直し等では改善することは出来ません。
なぜなら、腸自体に解剖学的な異常があったり、腸にガンなどの病気があることによって起こる便秘が器質性便秘とされているからです。


器質性便秘には、先天的なものと後天的なものがあります。

・先天的なもの
巨大性結腸やS状結腸過長症などがあります。

・後天的なもの
大腸憩室や直腸がん、結腸がん、クローン病などがあり、腸に腫瘍や炎症などが起こり、狭窄することで便の通りがスムーズに行なわれなくなります。

さらに、後天的な器質性便秘には、便秘の症状のほかに腹痛や吐き気、下血などと言った症状が出てくることが多いので、これらの症状が出ている方は、出来るだけ早めに病院などで検査を受けるようにしたほうがいいかもしれません。

また、その他にも後天的に器質性便秘になる場合があります。
虫垂炎や帝王切開などの腹部の手術の後に腸の癒着や炎症が起こってしまい器質性便秘を起こしてしまいます。

便秘の不快感や痛みの他に、今までに感じた事のないような痛みがあったり、便に血液や粘液が付着していたり、便の形が細長かったり、平たかったりするときには早めに病院を受診しましょう。

にほんブログ村 健康ブログ 便秘へ
にほんブログ村
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
スポンサード リンク
最新コメント
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。