機能性便秘 便秘解消のQ&A

便秘解消、便秘予防の様々な情報をお届けします。特に便秘で悩む方の為に、便秘に対する疑問を紹介しています。

ホーム > スポンサー広告 > 機能性便秘ホーム > 便秘の種類 > 機能性便秘

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

機能性便秘

便秘には、大きく分けて2つの種類に分類することができることを皆さんご存知でしょうか?
便秘とは原因は様々でも種類は同じと思っていたのが現状です。
では、便秘の種類にはどの様なものがあるのでしょうか。
このページは、便秘の種類である機能性便秘について調べてあります。


便秘の種類には、機能性便秘と器質性便秘の2つの種類があります。

機能性便とは、胃や小腸、大腸の機能が一時的に低下することにより起こる便秘のことを言います。

また、機能性便秘は、引越しや旅行などで生活環境が変わって起こる一過性便秘や食生活や生活習慣を原因として引き起こされる習慣性便秘に分ける事が出来ます。
一過性の便秘は、環境に慣れてくると自然と治ってくることが多いようです。


○習慣性便秘の3つのタイプ

習慣性便秘には、弛緩性便秘、痙攣性便秘、直腸性便秘の3つのタイプがあります。
タイプにより便秘の原因が違ってくるので、タイプ別にまとめてみました。

・弛緩性便秘

腸の機能低下や筋力の低下が原因で起こり、腸のなかの内容物の通過が遅れ水分の吸収が増加するために便秘が起こります。
排便時に腹圧をかけるのに必要な、腹筋などの筋力が弱まることも便秘の原因になります。
出産後の女性や高齢者に起こりやすい便秘です。


・痙攣性便秘

仕事や人間関係などのストレスなどで自律神経の乱れが原因となって起こるもので、下行結腸に痙攣した部分が生じ、その部分が狭くなり便の正常な移送が妨げられるために起こります。
また、便秘の後に、腸の収縮した部分より上のほうで水分の量が増えるため、水様の下痢を伴うことがあります。


・直腸性便秘
直腸の神経が鈍くなっていることで起こります。
このタイプの便秘は、トイレに立ちにくい、朝ゆっくりトイレに座る時間がないなど、便意を我慢してしまう人によく起こります。


機能性便秘を解消するためには腸内環境を整えることが効果的といわれています。
積極的に乳酸菌やビフィズス菌などを摂取する事で善玉菌を増やしていくようにするといいでしょう。

にほんブログ村 健康ブログ 便秘へ
にほんブログ村
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
スポンサード リンク
最新コメント
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。