便秘に効くツボ 便秘解消のQ&A

便秘解消、便秘予防の様々な情報をお届けします。特に便秘で悩む方の為に、便秘に対する疑問を紹介しています。

ホーム > スポンサー広告 > 便秘に効くツボホーム > 便秘に効く行為 > 便秘に効くツボ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

便秘に効くツボ

お腹の不調の一に便秘があります。
そんな便秘を解消する方法の一つとして、便秘によく効くツボを刺激してみる方法があります。

バナナやヨーグルトなど、便秘によいといわれるものを試してみても、どうもスッキリしない方や、適度な運動をする時間がない方は、一度便秘によく効くツボを刺激してみるのもいいでしょう。
このページでは、そんな便秘解消に効果のあるツボについて紹介しています。


便秘になってしまうとお腹が張ったりして不快な思いなどをしてしまいますし、慢性化してしまうと、肌に吹き出物が出たりして肌が荒れてしまいますし、アレルギー体質になったりストレスが貯まったりと非常に不快な症状が起こってきます。

器質性便秘などの病気が原因で起こる便秘の場合は、病院で治療する必要があります。
ですが、腸内の働きが弱まって、スムーズに便意や排便が起こらない機能性便秘の場合は、腸を刺激してくれるツボを排便を促がす効果があるとされています。


○便秘を解消してくれるツボ

・大腸兪(だいちょうゆ)・腎兪(じんゆ)
この二つのツボは、腰から背中にかけてあり、手で腰を持つようにしてあて、親指で下から上へ背骨の横を、息を吐きながらゆっくりと押していくと、ツボを刺激することが出来ます。

このツボを刺激することで、腸の働きを促がすことが出来るので、便秘解消に効果があります。
また、このツボを刺激することで、早い人ならすぐに腸が動く感覚を覚え、お腹の音も聞かれるとされています。


・間使(かんし)や合谷(ごうこく)
間使は腕の内側の真ん中に位置し、ちょうど手首から指4~5本分のところにあります。
親指を使って、間使を強く押しながら揉むようにします。左右の腕ある間使を、交互に繰り返して刺激します。初心者は便座に腰をかけてから、精神を集中しながら刺激するとよいでしょう。

また、足の裏にへこんだ部分にも便秘に効くというツボがあります。


これらのツボを知っておくだけで、便意を感じないときや便が出にくいときに、それらのツボを刺激することで便意を感じやすくなるので、覚えておくだけで非常に便利だと思います。
是非試してみてはどうでしょうか。

にほんブログ村 健康ブログ 便秘へ
にほんブログ村
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
スポンサード リンク
最新コメント
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。