便秘解消のQ&A

便秘解消、便秘予防の様々な情報をお届けします。特に便秘で悩む方の為に、便秘に対する疑問を紹介しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

腸内細菌と免疫の関係

腸内細菌は、人の身体にどの様な影響を与えているのでしょうか。

便秘などのお腹の調子を崩してしまったり、病気になったり、口臭が酷くなったりと色々な悪影響が出てくるのは、体の免疫力が低下している事にも関係があるようです。

では、腸内細菌を上手くコントロール出来れば、体のトラブルは改善され免疫力も向上していくのではないでしょうか。
このページでは、腸内細菌のトラブルについて紹介しています。


腸内細菌は、人間の免疫能力に大きな影響力を持っている事をご存知でしょうか?

ですが、腸内細菌には大きく分けて善玉菌と悪玉菌に分類されます。
当然名前を見ても分かるように善玉菌は身体によい影響を与え、悪玉菌が悪影響を及ぼしています。

では、腸内細菌の善玉菌と悪玉菌が身体に及ぼす影響を見てみることにしましょう。

○善玉菌

善玉菌は人の身体の免疫力を高める働きがあり、免疫力が向上すると身体は良好な健康状態をた盛ることができます。

○悪玉菌

悪玉菌は人の身体の免疫力を低下させる働きがあり、腸内細菌内で悪玉菌の割合が増加すると、免疫力が低下して健康状態を保てずに病気になったり、肌が荒れたり、口臭や体臭がきつくなる事があります。

上記の理由からも腸内細菌内の善玉菌の量を増やすようにすれば、身体の免疫力が向上して、健康状態を良好に保つことができるのです。

では、どの様にしたら善玉菌を増やすことが出来るのでしょうか。

善玉菌と悪玉菌は、同じ腸内細菌ではありますが、それぞれ増殖する為の栄養源が違っていますので、善玉菌が増殖しやすい食材を食べることで善玉菌が腸内で作用しやすくなってくるのです。


善玉菌は、食物繊維などに含まれているオリゴ糖・乳糖などの糖質を栄養源にして増えていくので、これらを含む食材を意識して食事をすれば健康状態を保つことができるでしょう。

もし、腸内細菌の善玉菌の数が少ないと、栄養があり身体によい食材を食べても、腸内で善玉菌が強く働くことができないので吸収しきれずに、体外へ放出してしまうことになってしまいます。

そうならない為にも、腸内細菌の中でも善玉菌を増やしておくことで、体内に入った栄養が効率よく吸収されていき免疫力アップの効果が出てくるのです。

腸内環境を整える食生活を目指しましょう。
スポンサーサイト

腸内細菌の働き

腸内には様々な種類の細菌が存在していることをご存知でしょうか。
腸内細菌は身体にどの様に働きかけ、どの様な影響を与えてくれるのでしょうか。
このページでは、腸内細菌の働きについて紹介しています。


腸内細菌には体内に良い働きをしてくれる善玉菌と身体に悪い影響を及ぼす悪玉菌、更には身体の体調によってどちらにも変化していく日和見菌に分類することが出来ます。


・腸内細菌の善玉菌

腸内細菌の善玉菌で代表的なものと言えば、やはり乳酸菌やビフィズス菌などのヨーグルトなどに入っている菌ではないでしょうか。
善玉菌は、身体の調子や腸内の働きを整えてくれたり、コレステロールの上昇を抑えたり、血圧を下げたりしてくれる働きがあります。
また、ビタミンB郡やビタミンKを作ったり腸内にいる悪い細菌や病原菌を排除したり、消化機能を補助や免疫力の向上してくれる非常に重要な働きをしてくれる細菌です。

善玉菌を増やすことは、体内から健康な体を作ることが出来る方法なのです。


・腸内細菌の悪玉菌


腸内細菌には身体に良い影響を与えてくれる善玉菌の他にも、身体に悪影響を及ぼしてしまう悪玉菌も存在しています。
悪玉菌の代表的な腸内細菌は、大腸菌・ウェルシュ菌などがあります。
これらの細菌は健康を害してしまう働きが確認されています。

例えるなら、腸内にとって有害な成分や物質を発生させたり、病気を引き起こす原因になったり、腸内で、まだ消化中の食べ物を腐らせたり、メタンガスなどの物質を発生させオナラを臭くしてしまう働きがあります。

さらに、ウェルシュ菌が活発に働くと体内に入ってきた肉などの動物性脂肪を有害な物質に変化させてしまいます。
動物性脂肪が有害な物質に変化してしまうと、腸の粘膜に悪い影響を及ぼすことが分かっており、さらに悪化すると大腸がんへと進行してしまうこともあります。

腸内細菌の善玉菌や悪玉菌の比率はストレスや食生活、老化や薬の服用など様々なことでバランスが崩れてしまうことが分かっています。

出来るだけ腸内の善玉菌を増やすようにして健康な身体を維持していきたいですね。


腸内洗浄についてはこちらから

健康的な便とは

便の状態を見ると、その人の健康状態がわかると言われています。
自分の便を見て健康状態を知ることが出来れば常に自分の健康がわかります。
では、どの様な便が健康的な便といえるのでしょうか。
このページでは、健康的な便について紹介しています。

健康な便と言うのは、基本的に「水に浮く」と言われています。
なぜなら、便には食物繊維が含まれています。この食物繊維が十分に含まれていると、水に浮くようになります。
最近の日本人の食生活は、肉料理が中心が多くなっているので、食物繊維が不足して、便が沈むようになるようです。
野菜などの食事を中心に摂るようにすると、食物繊維も多くとることが出来て、身体にも非常に良いとされています。


便の健康状態を知るためには

・便の形
便の理想の形は「バナナ状」とされています。
この形になるには、ある程度の太さや長さが必要であり、水分は約70%~80%程度とされています。
また、便の水分量が90%を超えると下痢になってしまいます。

さらに、便秘の症状によっても便の形は変わってきます。

「直腸性便秘」・・・便が太くて短くなります。
「痙攣性便秘」・・・ウサギがする糞のようなコロコロの便になります。


・便の色
健康的な便の色は、茶褐色とされています。この色の便が排便されると食事のバランスが取れていると判断することができます。

便の色が黄色くなると野菜を多く摂っていると判断されますし、肉類が多いときは、くろっぽくなります。
もし、真っ赤な便や真っ黒な便が排出されたときは、消化器官のどこかから出血している場合があるので病院に行くことをおすすめします。


・便の臭い
便の成分は、食べたもののカスや、腸内細菌が分解した成分、古い細胞、細菌等で出来ており、腸内の悪玉菌が増殖することで、便やおならの臭いが強くなるようです。

腸内の悪玉菌が増えるということは、腸の健康状態が保たれていないと言うことなので、便の臭いがきついときは気をつけないといけません。

自分の身体の健康状態を知るには、便の状態を知るようにするといいでしょう。

便秘解消によい生活習慣

便秘を解消していくには、薬品を利用したり、体操を行ったりと様々な方法があります。
ですが、一度便秘が慢性化してしまうと、なかなか症状を改善していくのは困難になっていきます。
そうならない為にも、普段から便秘解消に効果的な生活習慣を心がけていくことが大事なようです。
このページでは、便秘解消によい生活習慣について紹介しています。


便秘になってしまい、便秘を改善しようと病院や薬局の便秘薬を服用したとしても、便秘が改善されるのは一過性のもので、服用を止めてしまうとまたもとの便秘に戻ってしまうことを経験した方は多いと思います。

便秘になってしまう原因で最も多いのが、乱れてしまった食生活や生活習慣とされています。
この乱れた生活習慣を改善していくことで便秘は自然と解消されていきます。

では、具体的にどのような事をすると生活習慣は改善されていくのでしょうか。
一般的には、早寝早起き、きちんと三食食事を摂る、適度な運動を行うなど健康的な生活を心がけることが大切です。

まず、早起きの習慣がついていないと、朝に便意が起こっているのに時間がないため排便を我慢してしまうこともあるでしょう。
便意を我慢することを続けていると、便意を感じにくい身体になってしまい、便秘へとなってしまいます。

また、朝食をきちんと摂ることで腸が順調に働き出して、自然と排便がおこります。
さらに、朝起き抜けにコップ一杯の水や牛乳を飲む習慣を付けることで、便秘解消の効果が得られる事も分かっています。

特に、腸の働きが弱っている弛緩性便秘に効果的です。
同じように排便のない便秘でも、腸の緊張が高まっている痙攣性便秘の人には冷たい水は刺激が強すぎるので温めのものを飲むようにするといいでしょう。

食事をきちんと三度摂る事により、腸を刺激しやすい適度な量の便が出来るので順調に排便をすることが出来ますし、適度な運動も腸を刺激する働きもあるので効果的です。

この様に、きちんとした生活習慣を身に着けると、便秘は自然と解消されていきますし。排便しやすい身体にも変化していきます。
便秘解消を機会に一度生活習慣を見直してみてはどうでしょうか。

便秘の正しいケア

便秘の症状が出たとき、きちんとした処置をとることが最も早く便秘を解消する方法とされています。
下剤などの錠剤を飲んで便秘を解消したり、官庁などで排便を促がす方法は正しい方法なのでしょうか。
では、便秘の正しいケアとはいったいどのような方法なのでしょうか?
このページでは、便秘の正しいケアについて紹介しています。

便秘の症状を改善する為に使用されてる方法の一つに浣腸があります。
浣腸を使用することは、便秘を元から改善するのではなく、一時的な処置として使われるべきものです。
また、便秘になったからといって浣腸をするということを繰り返しているうちに、腸の正常な反射を妨げることになり、余計に症状がひどくなってしまうこともあります。

さらに、市販の下剤を使用するときにも注意が必要になります。
下剤にはいろいろな作用をするものがあるため、自分の便秘の症状に合ったものを使わなければ十分な効果を得ることができません。


便秘を解消するのに最も効果的な方法は、当然の事ですが、生活習慣を見直すことから始める必要があります。
生活習慣の改善には運動不足の解消や日々の生活を見直す事が最も便秘解消への近道と言えます。

なぜなら、薬に頼って便秘を解消することが出来ても、薬の効果が切れると再び便秘になってしまう事が多いからです。

機能性の便秘であれば、生活習慣を見直し健康的な生活を続けることで改善されていくものですが、中には病気が原因で起こる便秘というものもあります。
あまりにしつこい便秘の時には病院に行き、きちんと診察を受けることも必要でしょう。

いずれにしても、間違ったセルフケアを続けていると便秘の症状を悪化させてしまうことになり、ひどい場合には腸閉塞などを起こすこともあるため、たかが便秘と侮らず正しい知識を持つようにしましょう。
スポンサード リンク
最新コメント
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。